ファンレターで文章力が欲しくなる!

小学生の国語の授業では、ときどき「ファンレターを書こう!」というアクティビティを行います。作文となるとなかなか筆が進まない子も、ファンレターなら真剣に、一所懸命に調べたり聞いたりして、漢字も積極的に使ってもりもり書いてくれます^^

文章を書きたい、誰かに何かを伝えたい、そんな思いが何よりも大切です。当たり前のことですけど、こんなにみんな生き生きと文章を書くんだなあと毎度とてもうれしくなる授業の一つです^^

宛先に制限はありません。毎年人気を上げていくのはやっぱりユーチューバー!宛先を探すのに苦労します(笑)海外のスポーツ選手などに贈る場合は、講師が責任をもって英訳します。やっぱり、本の著者に感想を送りたい子が多いですね。著名なお医者さんや、芸能人の方、テレビ番組そのものに送った子もいます。

手紙の書き方も覚えますし、社会的な知識もつきます。自分の住所を覚えていない子も最近は多いですね、手紙書かないですもんね。

お返事をもらう子もいます!!今年は、よゐこの濱口さんからお返事をもらった子がいました。濱口さんありがとうございます^^

作文の授業ももちろんやるんですが、自発的に、興味をもって、意欲をもって、やりたいと思った時が一番学べるものです。「もっときれいに字を書かなきゃ!」なんて言うのも、尊敬する大好きな人にあてて書くからこそ。

切手代はこちらもちで、講師も楽しくやっています。一度授業でやると、授業でないときに「あっ、この人にも書きたい!」と言ってくれる子も多いですよ。

おうちでも書きたい人にファンレター、いかがですか?^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)