SEEDs そろばん

そろばん

なぜ今そろばんが人気なの?

なぜ今そろばんが人気なの?

「そろばんなんて、あんなものパチパチ手を使って前時代的だし、暗算なら暗算を鍛えればいいのに、何の効果があるの?」…そうお考えの方もいるかもしれません。おっしゃりたいことは良くわかります、でもそれは、大きな誤算なんです!そろばんの良さは、もちろん計算力や暗算力もありますが、そのほかに大きな一面があるんです。それが、「数、数学的概念そのものの理解を劇的に変える」ことなんです。そろばんを使うと、違った方法で算数・数学が理解できるんです。

そろばん算数が苦手になる理由 算数はむずかしい!

小学生のお子さんをお持ちのご家庭なら、きっと皆さん少なからず算数に苦しんだ時期があることでしょう。それは当然のことです。算数は、それこそ一番初めの「足し算・引き算」から、実に高等な思考力を必要とするものなんです。

たとえば、小学1年生の足し算。5+3=?…こんな簡単な問題なのに、どうしてこの子、一瞬でできないのかしら?!小学生ってこんなものだっけ?!と戸惑われたり、心配になったりしたことはありませんか?習いたてなんだから、こんなもんよね…と思っていても、いつまでも指を使って計算しているお子さんを見ると、はらはらどきどきしてしまう…。良くわかります。でも、お子さんも一所懸命に考えて学んでいるんです、とても難しいことを!

しかし、さっきの計算が分からなかったり時間がかかってしまう子でも、「飴玉が5つあって、また3つ貰ったら、いくつになる?」と聞くと、「8つ!」と答えられるケースは、実はとても多いんです。具体的な事例になると良くわかっている。飴玉◎が、◎◎◎◎◎、あって、それに◎◎◎、一緒にすると…、という具合に、実際に飴玉を思い浮かべて考えることができるからです。教科書でも、最初は絵や図を使って教えていきますよね。

そろばんところが、これが5+3となると…これはもう、飴玉関係ありません。完全な、「記号」なんです。子どもたちはまず、5という数字と、飴玉◎◎◎◎◎、という、概念を結びつけなくてはなりません。しかも「5」は、飴玉◎◎◎◎◎ではないこともあります。人だったりノートだったり、時間だったりすることもあります。概念なんです。5+3=8、と私たち大人が一瞬で計算できるのは、既に物事を記号だけで考える訓練が済まされているから…つまり、子どもほど真剣に深いところまで考えたりしていないから、ともいえるのです。

この「記号」という考え方は、私たち大人がスマートフォンやパソコンを使っている状態に似ています。通常、画面に表示されているものはインターフェイスと呼ばれますが、例えば何かのアイコンをドラッグして移動させたとしても、パソコンやスマホの中で起こっているのは全く別の作業です。私たちはわかりやすく使いやすく記号化してもらったプログラムを、表面的に利用しているにすぎないわけです。あるいは、割り算や分数の本当の意味を説明しようと思ってもなかなかできないことも同じです。「分数の割り算って、なんでひっくり返してかけるの?」と言われて困ってしまうこと、ありますよね!

ことほどさように、算数はとても高度な処理を必要とする学問です。子どもたちが指を使って計算するのは、それが楽だからではありません。そうしなければ理解できないし、処理できないからです。指は、絵や図で描かれた飴玉、頭の中で思い浮かべる飴玉と同じです。

そろばんだからといって、いつまでたっても指計算から卒業できないのはやっぱり困ります。だいたい10本しかないので、できることが限られていますし、掛け算や割り算になったらもうお手上げです。だからこそ、子どもたちにがんばってもらって、なんとか数字という記号の「5」と、飴玉◎◎◎◎◎を同じものとしてもらう必要があります。これは、完全に「論理的な思考」です。今こうして文章を読んで何かを理解するのも、算数を日本語で先生に習うのも、全部論理的な思考です。これがこうだからこう、と、いうなれば言葉で理解することです。

このような、一般的な学習に使われる、言語処理による論理思考は、左脳が司っています。でも、なかには言語処理があまり得意じゃない人も…半分くらいはいると思います。もっと多いかもしれません。だって今まで見てきたように、足し算ですら、なんてすごい処理を要求するものなんでしょう!これが掛け算、割り算、さらには文字式になんてなったら…そりゃあ私たちもかつて、苦労したわけですよね。高校数学なんて、何を言っているのかさっぱりなんてことも。でも大丈夫!人間にはそうじゃない理解の方法もあるんです。音楽や絵、イメージで何かを記憶したり、思考すること…そう、右脳的思考です。

そろばんそろばんで 算数を 右脳で考える!

そろばんは、まず目の前にそろばんという実質的なモノがあります。そして、実際に指を使います。一つならひとつ、五つならいつつ、珠を動かして目に見える形で計算します。つまり、小さな子が指を使って計算するのと同じ、絵や図を描いて出来事を理解するのと同じなんですね。ここに言葉は介在しません。言語で論理的に思考し処理する必要はないんです。直観的に計算できる、ということなんです!

そろばんに習熟していくと分かりますが、そろばんを使って計算しているとき、計算しているのはアタマではなく指だ、という感覚が起こります。これこそ、そろばんの強みなんです。時に計算機よりも速く計算できてしまうのは、そういうことなんですね!

そろばんまた、数を塊で効率的に扱える、という利点もあります。小学2年生で大きく立ちはだかる、くり上がり・くり下がりの問題…、これに頭を悩ませる親御さんも多いですね!実は、十進法を理解すべき重要な段階ですから、難しいのも当たり前なんです。要は、10で桁が変わるわけですから、2と8、4と6のように、何と何で10になるかを把握しておけばくり上がりもくり下がりも実にスムーズにできるようになります。

そろばんは、見ての通りくり上げ下げが得意です。上の珠が5という塊なのもとても良いんです。もちろん、数字と珠の動きを結び付けていく訓練、指の運びの練習などは必要ですし、掛け算・割り算のやり方もそれぞれですから、速算・そろばんコースではそこを習っていくわけですが、習熟すればするほど、数的処理が正確に、速くなっていきます。授業や試験でも、頭の中のそろばんをはじいて計算ができるようになりますよ。

>

そろばん学習で子どもたちが変わる!

個別指導でやさしく、しっかり教えます

有明塾では、いしど式を用いて個別に授業を行っています。学齢も進度もその子ごと、自分のペースで進めることができます。また、計算するだけでなく、学習姿勢や集中力が鍛えられるのも特徴です。何よりも算数への抵抗感、苦手意識がなくなっていきます。計算ができる、ただそれだけで、以降ずっと自信をもって進めるようになるのです。

左利きの子にも対応しています。算数が苦手だ!というお子さんはもちろん、得意な子ももっとその力を伸ばして武器にしていきませんか?私たちも、そろばんの良さをどんどん広めて、計算力や思考力に強くなっていってほしいと願っています。まだ空き席はありますので、まずは無料体験にぜひお越しください!

そろばんに再び脚光

いしど式そろばん本部 http://www.ishido-soroban.com/

 

 

「SEEDs そろばん」コース詳細・授業料

対象 小学1〜6年
開講日 月〜金曜日  @15:30〜  A16:25〜  B17:20〜  C18:15〜
料金 (税別価格) 週1時間:月額 4,000円
週2時間:月額 6,000円
フリーコース :8,000円
教材関連費(毎月):1,000円
対象 未就学児
開講日 月〜金曜日  15:50〜16:20
料金 (税別価格) 週1時間:月額 2,000円
週2時間:月額 3,500円
週3時間:月額 :5,000円
テキスト代別途(500円)

 

SEEDsそろばんを受講した生徒の成果

姉弟でそろばん!小学1年生で2ケタ掛け算、幼稚園でくりあがりをマスター!
SEEDsそろばん Kちゃん(小1)、Tくん(年中)

この春、はじめてのそろばんを始めたふたり。
めきめきレベルアップしていく様子をご紹介します。

action

Kちゃん

週回数を迷われていたので、週2回を強く推奨しました。また、原則宿題はありませんが、家でも練習したいという要望に応えて、進度に合ったプリントを渡しました。理解ができていると判断できるまでは先に進ませず、根気強く取り組むことを応援し続けました。また、進みが遅い時期は本人も面白くないと思ってしまいがちなので、声掛けやプリントの様式などに変化をつけるなどの工夫をしました。

Tくん

姉に触発されてそろばんをはじめる。家で練習する様子を見ていたため、ある程度の素地がありました。幼児特有の「いまやりたい!すぐやりたい!」という好奇心を最大限活用するために、声掛けのしやすい時間帯への通塾を依頼しました。そのかいあって、はじめて1ヶ月たつかたたないかというころにくりあがりの計算を達成できました!

Kちゃん

開始7か月で2けた×1けたの計算ができた! 学校の算数の問題(2けた+1けた)が暗算で解けた!

Tくん

1ヶ月弱でくりあがりの計算ができるように! そろばん効果は絶大です。また、二人ともそろばん大好き!なのがうれしいです。この調子でどんどん上達していきましょうね!

有明塾の特徴 有明塾の指導理念 校舎案内&アクセス 講師紹介 入塾までの流れ
有明塾の特徴 合格実績 卒業生メッセージ募集
小学生コース 中学生コース 高校生コース
キッズそろばん キッズ書道・硬筆 キッズ英語 ベビー&幼児 ママコース