高校生コース 中高一貫校専科ACEハイクラス

ACEハイクラス

高校生活を思い切り輝かす!きみのもう一つの勉強部屋!

私立中高一貫校専科 ACEハイクラス高校生にもなると、授業を何時間受けたからどう、ということではなくなってきます。教科数もさながら、内容もぐっと深く、難しくなるので、いかに自ら学んでいくのかが大切になってきます。

だからといって独学では、集中力も維持できず、成果もなかなか出せずじまい。効率的な勉強法や、的確な疑問解消、解説、指導。そして必ず真剣になれる、リアルな場。家では絶対に出ない本気が、有明塾でなら培えます。

学校課題対応

高校生は、部活動や学校行事で多忙なうえに、各教科で大量に課題を課されます。日々の学校課題のみで精一杯にならないよう、学校課題を中心に学習を行い、基礎学力の定着を目指します。さらに、基礎学力を定着させることで、より専門性の高い教育を受けるための基盤を作ることを目標にします。

自立学習の確立

高校生になると、「勉強させられている」という受け身の学習では学力の向上は図れません。生徒たちが将来様々な問題にぶつかったとき、どのような手段でそれを解決し、自身の目標を達成していけばよいのか、「考える力」と「実行する力」を、勉強を通じて身につけてほしいと考えています。そのため、「定期テストの得点アップ」→「自信と意欲の向上」→「自立した学習を身につける」→「定期テストの得点アップ」のサイクルを成立させるような学習方法を提案していきます。

また、自習室を常時開放することで生徒たちが自由に学習し、より自立した学習を可能にする環境を整えています。

最先端映像授業でレベルアップ

さらに一歩先の学習で、大学受験を早くから意識し、実力練成をしていくために、科目や受講数を選べる映像授業が追加できます。志望校や理解度に合わせてレベルも多様。市進予備校の最先端授業で、一回り大きな実力を身につけよう!(ウイングネット・学研・Z会が受講可能です)

定期テスト対策

自立学習を確立するためのサイクルを成立させるために、まずは定期テストを小さな目標として定めます。また、AO入試や推薦入試での合格を目指していくために、定期テストでの得点アップ、そして評定平均点のアップを狙っていくような学習を行っていきます。そのために、通常の授業に加えて各学校のテスト期間中、土日を含めて無料のテスト対策を行います。

個別指導

高校生は学校やコース毎で進度や進路が違います。また、能動的な学習を身につけてもらうために、「自分でどれだけやれるか」という考えを持ってもらいたいと思っています。そのため、集団授業では不可能な、一人一人の理解度や思考力に合わせた学習方法を提案できる個別指導を行っています。さらに、生徒が講師に頼りきりになるのを防ぎ、自立した学習を確立させるために完全個別指導ではなく、1対複数の個別指導の形態をとっています。

 

「ACEハイクラス」コース詳細・授業料

対象 高校1・2年 / 個別指導+映像授業
開講日 月〜土曜日 19:30〜21:55
授業料(月額) 週2回:19,000円
週3回:26,000円
フリー:38,000円

※別途教材費あり

 

高校生コース ACEハイクラスを受講した生徒の成果

進研模試で偏差値80超え!!
ACEハイクラス 大牟田高校 Kくん

学校でも既に上位の層に位置するのですが、国語が苦手で点数が安定せず。数学・英語はかなりのレベルにあるので、ここからどうやって国語の成績を上昇させていくのか、Kくん本人も悩んでいました。

action

まずは毎週決められた時間に現代文の映像授業を見ていくことに。レベルが高く、また非常にわかりやすい先生の授業が面白いようで、数か月経ったころには自ら率先して授業を受講していくようになりました。
これにより、予習→授業→復習のローテーションがしっかり出来上がり、他の科目でも相乗効果が表れていくようになりました。

なんと進研模試で国数英合計の偏差値が80を超えてしまいました!医者を目指しているKくんは、まだまだだ、と謙遜していましたが、かなりの自信になったようです。
たとえ苦手科目があっても、正しい方法でやり続ければ必ず成績は上昇するということを証明してくれました。

高2で模試の英語の偏差値が60.0→70.6へ!
ACEハイクラス 私立高校2年M君 

★模試(高1、7月)
  国語 数学 英語 総合
偏差値 48.9 55.4 60.0 56.2

M君は、参考書を買って勉強してみるものの、わからなくて違う参考書を買い直し…ということを繰り返していました。さらに、授業中に寝てしまうことも…。特に英語の成績に対して危機感を持っていました。

action

M君の実力、学習状況を分析し、基礎からもう一度やり直すために「一から丁寧に説明してくれる映像授業を利用したらどうか」と提案しました。
その後、英語の映像授業を受講開始。受講当初は「どうしてこんなところからしなくてはいけないんだ?」と感じていたようですが、それでもアドバイスを受け、6か月間粘り強く見続けてくれました。
続けていくうちに基礎がしっかりと固まっていき、以前は1割程度しか理解できなかった参考書を5,6割程度理解できるようになっていきました。
基礎が固まった後は映像授業を終了し、本人が買った参考書を解いて演習をしていきました。実に地道な、コツコツとした学習です。それでも少しずつ分かるようになる手ごたえを糧に、Mくんは学習を続けてくれました。
そして、1年ほどが過ぎた高2の7月の模試。英語の偏差値は70を超えたのです!

★模試(高2、7月)
  国語 数学 英語 総合
偏差値 56.1 59.3 70.6 63.7

苦手科目だった英語が今では得意科目に!!周りの塾生にも良い影響を与えているようで、「M君がやっていたので僕も同じ参考書をやっています!」という声も聞こえてきます。
学習は一日にして成らず、また、近道はなく、裏技もないもの。ただ、効率の良い学習法や、自分に合ったペースはあります。それを見極めて、着実に学習していくこと。単純なようで奥深い学びの本質をお手伝いできたことと、それを体現してみせてくれたMくん、本当に良いお手本となってくれました!

学年末考査→1学期中間考査で5教科平均点が69.9点から81.0点へ!!
ACEハイクラス O高校2年 Nさん (茶道部)

Nさんは、高校生になって格段に難しくなった数学に厳しさを覚えたのか、「数学は分からないから」という先入観を持っており、質問は、「全く分からないから1から説明して欲しい」というもの。他の教科に関しても『あきらめ』を感じていました。

★1学年 学年末考査の結果
国語 数学T 数学A コミュT 英表T 理科 世界史 合計 平均点
62 76 49 75 73 70 84 489 69.9

 

action

そこで時間を見つけては、以下のことについて面談・話し合いを実施していきました。

  • 志望校はあったがとにかく自信がないために目標の下方修正を考えていたが、目標は高く持ち、まだ目標を下げる時期ではないということ。
  • 勉強をしてはいるが結果がついてこないタイプの生徒ではあったが、とにかくこれまでしっかりと勉強をしてきたということに自信を持つこと。
  • 推薦による合格を目指していることから、定期考査の重要性、定期考査に力を入れていくということ。
  • 数学・英語を中心とした学習方法の提案。分からないからといって全部を諦めるのではなく、時間は掛かってもよいので調べて、できるところまで進めること。
  • 塾の利用の仕方。家庭学習では自分のできる範囲まで+暗記科目を行う。質問するところを溜めておき、塾で先生を捕まえてでも質問すること。
  • 周囲と自分を比較しないこと。

少しずつ変化を見せてくれたNさん。1年生の時は数学ばかりしていた印象があったが、今では英語にも力を入れています。質問も、「この解答のこの部分が理解できない。」「この解き方ではダメなの?」という内容になり、受け身ではなく自ら学習している様子が窺えるようになりました。そして私立文系コースを選択し、科目も若干変わったが、平均80点以上を達成しました!

★2学年 1学期中間考査の結果
現代文 古典 数学 コミュ 英表T 英表U 生物 地理 合計 平均点
81 69 89 90 89 82 86 62 648 81.0


Nさんは当初、すごくおとなしくなかなか質問できない生徒でしたが、学習意欲の向上に伴い、いろいろな先生に質問して回るようになりました。試験前には毎日のように塾に通い、長時間集中して勉強できた結果だと思います。
少し厳しいかなと思いながら中間考査の目標を平均80点としましたが、見事に達成してくれたNさんは素晴らしいと思います。ちなみに1学期の期末考査でも平均81.5点と、成績を維持向上してくれています。本当によく頑張っています。

定期考査・数学で29点アップ!!
ACEハイクラス O高校1年 Tさん

★1学年 1学期中間考査の結果
数学T 数学A
79 65

中学生のころから数学が苦手だったというTさん。高校生になってこの苦手を克服したいと、4月から数学の学習を真剣に取り組んでいました。塾では数学しかしないという勢いで授業に臨んでいたのですが、学習方法がよく分からず、先生が他の生徒の質問対応をしている間は何もできずに止まっていることが多かったです。

action

高校で最初の定期考査。がむしゃらに頑張ったお陰で、思っていたよりも点数が取れていて喜んではいたものの、まだまだ満足していない表情でした。
そこで、ちょっとした工夫を提案。塾の授業では、一対一ではない以上、質問できる時間帯とできない時間帯があります。だからこそ、質問できる時に家庭学習などで溜めておいた問題を聞き、そうでない時間帯は別のこと、もちろん自分で進めることができる内容を進めていくようにアドバイスしました。そうすることで、限られた授業の時間を有効に使うことができ、より多くの問題に取り組むことができるようになるからです。
その後、Tさんの問題集の問題番号には「きく」と印が付けられるようになり、先生を呼んでは溜めている問題の質問を繰り返すようになりました。今まで塾では数学ばかり勉強していたTさんですが、今では英語をメインに取り組んでおり、数学の勉強方法を1つ確立することができたのです。

★1学年 1学期期末考査の結果
数学T 数学A
88 85

Tさんは、塾での勉強の仕方が最も変わったなと思う生徒です。もちろん、家庭学習の仕方も変わっていることでしょう。質問を受けたときにノートを見ると、何度も消した後があり、自分でまず努力しているのだな、ということが窺えます。成績ほどはっきりと表に現れない成果としては、「なるほど!」にたどり着くのが格段に早くなっていることです。説明の途中で「なるほど!」という表情をされると、こちらとしても大変嬉しいですし頼もしく思います。
期末考査の答案を見せてくれたときの、自信に満ちた自慢げな顔は輝いていました。これからの学習、思うように点数が出ないときもあると思いますが、一喜一憂することなく、自信を持って進んでいきましょう!

有明塾の特徴 有明塾の指導理念 校舎案内&アクセス 講師紹介 入塾までの流れ
有明塾の特徴 合格実績 卒業生メッセージ募集
小学生コース 中学生コース 高校生コース
キッズそろばん キッズ書道・硬筆 キッズ英語 ベビー&幼児 ママコース