有明高専受験対策

有明高専を目指すために必要なこと

有明高専を目指すために必要なこと高専は福岡県公立高校とは違い調査書を重視します。調査書には1・2年の成績も記載されます。そのため、3年生のときに進学を考えても手遅れになりやすいです。早い段階での目標設定、内申点確保のために1・2年の時から校内定期考査で良い点を維持し続けることが必要です。また各種検定・生徒会活動・部活動等も重要です。文武両道が必要です。

有明塾生が有明高専に合格した事例

中学3年生のころのSさんの様子を良く覚えています。よく授業を聞き、ノートをしっかりとり、宿題も必ずやってくる真面目な生徒という印象でした。しかし、3年生最初の定期テストでは国語が80点を切っており、思うような結果が出せず一人で苦悩していたようでした。塾では決してそのような態度をみせないが、家では「塾や学校や家でも人一倍勉強しているつもり。なぜ友達よりも点数がとれないのか」と半ば自暴自棄になっているとの相談を、ご家族から受けたこともありました。

有明塾生が有明高専に合格した事例コツコツと自分で学習をする、非常にまじめな努力家なのですが、どこか結果に結びつかず、空回りして苦しんでいたSさん。有明高専を第一志望に、そのハードルに一歩届かなそうな気配も焦りの種となっていたようです。
まず、彼女としっかり面談をしました。Sさんの不安や、いま課題だと思っていることを聞き出し、Sさん自身に整理してもらいました。それをきちんと納得してもらい、敵を見極めたうえで、「願書を出す直前までやりきってから志望校を決定しよう。先のことを考えるより、今の自分のやり方を再考し、改善していくことから始めよう」と提案をしました。

ほとんどの学生が、自分の学習スタイルが一番良い、と考えているものです。そのため、ほかのやり方を取り入れ、改善改変していくことに消極的です。しかしSさんは、その日から自分のやり方を一変させました。
まず、分からない問題の直接的な質問よりも、自分のやり方についてのアドバイスを求める頻度が非常に高くなりました。また、他教科よりも国語に重点を置き試験勉強を行った結果、次の定期テストでは92点を取ることが出来ました。塾にきて開口一番に点数を教えてくれたこと、その時のSさんの笑顔は、忘れられないものとなりました。

2学期に入ると、Sさんは塾の週3回の集団授業が無い日にも、自習に来るようになりました。定期テストでの点数の上下は多少あったものの、その頑張りが大いに評価され、学校推薦をもらうまでに!推薦入試の結果は惜しくも不合格となったが、その後も焦ることなく受験勉強を続け、見事一般入試で有明高専へと合格を決めてくれました。

有明塾が提供する有明高専合格のための対策授業&進路指導

中学1・2年生の時から、調査書の為の校内定期考査での高得点の為の指導を行います。また高専は入試問題も公立高校より複雑で応用力が必要です。そのため入試直前には高専用受験対策を行い高専受験のための応用力養成を行います。

有明高専学を目指すために必要な偏差値

59

有明高専学を目指す高校生へのメッセージ

高い就職率を誇り、普通の高校とは違う学校授業も有明高専の魅力です。そのためにはかなりの努力が必要です。まずは自分の長所・短所を見極め、学習課題を考え学習していく必要があります。また英語検定では、準2級以上になると単位認定もあります。現状に満足することなく常に上を目指して日々の学習に取り組んでいきましょう。

有明塾の特徴 有明塾の指導理念 校舎案内&アクセス 講師紹介 入塾までの流れ
有明塾の特徴 合格実績 卒業生メッセージ募集
小学生コース 中学生コース 高校生コース
キッズそろばん キッズ書道・硬筆 キッズ英語 ベビー&幼児 ママコース